脊柱管狭窄症に気をつけよう|高齢者に多くみられる病気

医者

十二指腸のがん

女性

十二指腸がんは遺伝的な要因が大きいといわれており、患者数が少ないため研究はあまり進んでいないとされます。家族や親戚の中に十二指腸や大腸関連の病を患ったことがある人がいる場合は、定期的に検査をすることをオススメします。

詳しくはこちら

痕を残さない最新の治し方

女性

鼠径ヘルニアの手術は、今まで痕が残るものでした。けれど最新の内視鏡術などでは痕をほとんど残さずに切開、治療することが可能です。手術経験が十分にある病院を選べば、これ以上安心できる手術方法はありません。

詳しくはこちら

交感神経を活発にする

女性

自律神経には活動時に働く交感神経と休養時の副交感神経とがあり、そのバランスの乱れが不調となってあらわれた状態が自律神経失調症です。呼吸や生活習慣を整えることで改善することもあります。また加齢による衰えが一因となって自律神経失調症へと悪化した事例もあります。

詳しくはこちら

痺れと運動障害の原因

特徴

女性

痺れと運動障害を引き起こす病気の1つとして挙げられるのが脊柱管狭窄症です。脊柱管狭窄症は文字通り、脊柱管が狭窄して症状が生じる脊柱の病気です。先天性のものと、後天性のものがあり、高齢化が進む我が国において注目されているのは後天性のものです。後天性の脊柱管狭窄症にもいくつか種類があります。最も多いのが変性脊柱管狭窄です。変形性脊椎症による狭窄は男性に多く、多椎間に認められる事が多いようです。女性においては、変性すべり症による狭窄が多いとされています。他にも、合併狭窄というタイプがあったり、手術によって生じる医原性タイプ、外傷後に生じるタイプなどがあるようです。

注目されている理由

脊柱管狭窄症の症状は、特徴的なものの1つとして神経性間欠跛行があります。これは、歩行時に出現します。脊椎がまっすぐのまま歩行していると痺れなどが徐々に強くなり、場合によっては歩けないほどになってしまいますが、しゃがみこんだり、前屈をするとすぐに痺れなどの症状が消失してしまうというものです。このような症状を持っている方が、わが国では高齢化に多く、患者数も推定240万人と年々増えてきています。これは男性、女性ともに生じる可能性があり、注目されている疾患の1つになりつつあります。運動療法、薬物療法、ブロック注射、装具療法など、治療方法は多く、早期に画像診断で検査を行い、早期に治療を開始する事が重症化を防ぐ1つの方法であると言えます。