脊柱管狭窄症に気をつけよう|高齢者に多くみられる病気

看護師

十二指腸のがん

定期的に検査をすると良い

女性

十二指腸がんは稀ながんといわれているため正確な原因は不明ですが、遺伝子変化が原因ではないかといわれています。多くの十二指腸がんは良性腫瘍の腺腫ががんになったものとされていますが、遺伝性の高い家族性大腸腺腫症では十二指腸ポリープと同時発生することが多いです。家族性大腸腺腫症は家族性大腸ポリポーシスやFAPとも呼ばれます。直腸や結腸の壁にたくさんのポリープができるので、十二指腸がんの他に大腸がんになるリスクがとても高いことで知られます。遺伝性疾患なので、家族や親戚に家族性大腸腺腫症・十二指腸ポリープ・十二指腸がんを患ったことがある人がいる場合は定期的な検査を受けると進行する前に発見できる可能性があります。

NK細胞療法が注目される

十二指腸がんの治療法として注目されているのは、NK細胞療法です。免疫細胞療法の一つで、別名ナチュラルキラー細胞と呼ばれる原始的細胞のNK細胞を活性化してがんと闘います。NK細胞は異物とみなしたものを迅速に攻撃して退治するという性質があるので、活性化することで異物であるがん細胞の増殖を防いだり消滅させようと試みる療法です。これまで数多くの治療を成功させた実績のある活性化リンパ球療法の進化系なので、NK細胞療法は優れた治療方法として注目されています。十二指腸がん治療に一番適している治療方法として、NK細胞療法を取り入れている病院やクリニックもあります。無料相談を受け付けているところもあるので、相談してみると良いと思います。